黒酢には高血圧の人の血圧下げる効果の成分が含まれ、成人病を予防する事ができる

香醋

黒酢・香醋は血圧下げる効果があり、高血圧の予防・改善に注目されている健康食品です。
黒酢は人間の体を作るために必要なアミノ酸成分が豊富に含まれています。
黒酢・香醋に含まれる、

  • クエン酸が疲労回復
  • アミノ酸がダイエット効果

があるという点も人気の理由です。

 

最近では黒酢を摂取しやすいようにサプリメントタイプもありより手軽にそして気軽に利用する事ができます。

黒酢の特徴

黒酢は鹿児島県で生成される、つぼ酢がルーツになっています。
通常の酢は酵母や酢酸菌を加えますが、つぼ酢は米・麹・そして水を壺に仕込みを作られます。

 

黒酢ができる手順は、まず原料の米や玄米が菌の働きによって糖分に変化します。
タンパク質がアミノ酸に変化し、その糖分をエサに酵母がアルコールを作り、アルコールが酢酸菌によってお酒が酢になっていきます。

 

つぼ酢の製造によって伝統的にアマン壺と呼ばれる容器が利用されます。
この壺に酵母と酢酸菌がいるため1~2年長い時間を掛けて熟成し黒酢だけの香りと色を生み出します。

黒酢の成分と高血圧予防への効果とは

黒酢には血行や血流を改善させるだけでなく、血圧下げる効果があり高血圧の予防を期待する事ができます。
血圧を下げると言っても高血圧の人に作用する効果なので、低血圧の人の血圧がさらに下がる事はありません。

  • 慢性的な高血圧に悩んでいる人
  • 成人病を予防したい人

は黒酢がおすすめです。
黒酢には高血圧の人の血圧下げる作用があり多くの種類のアミノ酸や16種類の有機酸が含まれています。

1・ヒスチジン

アミノ酸のヒスチジンは血管を柔らかくする作用があります。

2.アルギニン

アルギニンにはアミノ酸には一酸化窒素を作り出す事で血管を広げて血液の流れを良くします。
さまざまな成分が相互的に働くため、摂取すると血流の改善効果が期待できます。

3.メライノジン

またメライノジンには赤血球変形改善作用があって、毛細血管のような細い血管でも血行が改善される効果があります。

4.タウリン

さらにメチオニンがアミノ酸であるシステインから作られるタウリンが交感神経を抑え、血圧下げる効果があるといわれています。

5.酢酸

他にも酢酸が血圧下げる効果があります。

 

>>香酢・黒酢サプリの人気ランキングはコチラから<<